激やせの北亡命兵士

 中央日報(韓国)の13日報道によると、10月に北朝鮮から南北軍事境界線を越えて韓国に亡命した兵士が、180センチの長身に体重は僅か46キロしかなく、栄養失調状態だったそうです。

 亡命した兵士が所属していたのは総参謀部直属のエリート部隊だったそうですが、証言によると、食事は米と大根の塩漬けだけだったと言う事です。

 普通独裁者は自分の権力を支える軍隊は特別に優遇する物ですし、北朝鮮は軍事優先の先軍政治を標榜しています。それでこの有様なのですから、他は推して知るべしでしょう。

 そして苦しくなるとミサイルや核で国際世論を揺さぶり、援助を引き出そうとする瀬戸際外交を繰り広げる。もう軍事作戦でつぶすか、それとも徹底的に無視する方が良さそうです。少なくとも北朝鮮が国際社会に歩み寄る、と言うのは現実にはあり得ない幻想論に思えます。さすがの中国も最近では北朝鮮を持て余しているようです(そもそも中国は3代世襲に反対でした)。