巨人、柿沢を契約解除

 プロ野球の東京読売巨人軍は7日、同じチームに所属する選手の野球道具を盗んで転売したとして、同球団所属の柿沢貴裕選手(23)を契約解除としました。

 同選手は今年5月から6月にかけて、ジャイアンツ球場(川崎市多摩区)にあるロッカールームから、阿部、坂本、菅野、亀井、岡本、陽、マギーら1軍人気選手のバットやグラブ、ユニフォームなど計110点を盗み、中古ブランド品の買い取り専門店に約100万円で売却していたと言う事です。

 選手のユニフォームがネットオークションに出品されていることに、他の選手が気づいて球団が調査。ロッカールームの防犯カメラに、柿沢が用具やユニフォームを盗み出す姿が映っていたため、本人に確認したところを盗んだことを認めたそうです。

 柿沢貴裕は2012年のドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから6位指名を受けて神村学園高等部から入団。2016年12月、トレードで巨人へ移籍しました。

 1軍の出場はありませんでしたが、2軍では打率3割5分1厘の好成績を上げており、23歳と年齢も若い。期待されていたと思うのですが、これではもう他球団との契約も無理でしょう。

 本人は消費者金融から多額の借金があり、生活に困っていたとか。柿沢は入団時の年俸600万円、契約金2500万円。1軍実績がないので年棒は殆ど変わっていないと思われますが、23歳で年収600万円は、世間一般ではかなり高い部類です。それでも生活にも困るとは、一体幾ら借金して、そして何に使っていたのでしょうか?。

地方銀行、フィンテックで連携

 7つの地方銀行が25日、フィンテック活用のため共同出資でフィンクロス・デジタルと言う新会社を設立すると発表しました。

 フィンテックと言うのは、フィナンス(金融)とテクノロジー(技術)を合わせたアメリカ初の造語です。ネットで決済や資産運用をしたり、人工知能やビッグデータ解析を駆使した金融サービス全般を指します。

 海外では、ネット決済システムのペイパルが有名です。その他にも、送金や口座管理、資産運用に人工知能が助言するサービスなど、様々なフィンテックが続々誕生。フィンテックへの投資額も2014年時点で約1兆5000億円に達しますが、日本は規制もあって投資額は同60億円程度にとどまるなど、完全に出遅れています。

 しかし、日本でも2015年に経済産業省がフィンテックに関する研究会を発足させるなどしてます。

 ただ、フィンテックは大きな投資が必要で、地方銀行が単独で行うのは難しい。そこで、千葉興業銀行、群馬銀行、筑波銀行、池田泉州銀行、山陰合同銀行、福井銀行、四国銀行の地方7銀行が連携してフィンテックを活用した新サービスの開発を進めることになったものです。

お陰様で抜け毛が減りました

 髪の悩みと言うと男性の方が多いイメージもあるかもしれませんが、実際には女性の髪の悩みもとても多いと思います。

 女性の場合は、お年頃、「更年期」がありますので、身体の変化がいろいろ起こり、その中にも髪の変化もありますね。白髪・抜け毛・髪がやせる・など。私は現在53歳で、自宅でアクセサリーを作ったりパソコンでのお仕事をしているのですが、やはりストレスなどもありますし、髪の悩みが始まったのは40歳の頃でしたでしょうか。

 最初は白髪がとても気になったので、ドラッグストアやホームセンターなどで販売されている「白髪染め」を購入し、毎月1回は白髪染めをしておりました。白髪自体はとても良く染まるのですが、でも、化学薬品特有の鼻がツンとするような臭い、染めた後に髪を洗うととてもきしみ、何より抜け毛がとても増えたのです。

 もともと春先や初秋などの季節の変わり目は抜け毛が増えるように感じていましたが、白髪染めを始めてから明らかに抜け毛が増えました。時には「円形脱毛症になっているのでは?」と思い、鏡の前に立ち、左手に手鏡を持って、頭頂部やあちらこちらにハゲている箇所が無いかチェックをしていたほどでした。これが確か43歳頃だったかと思います。

 それでも、白髪染めをしないと白髪が気になってしまい、毎月1回は白髪染めをするのが習慣になっておりました。でも、抜け毛は増える一方で、だんだんと白髪よりも抜け毛が悩みになっていきました。

 それから数年後、今から2年ほど前の51歳の頃、仲の良い友人に「白髪染めをすると、どんどん抜け毛が増えちゃったの。海藻を食べたりミネラルも摂取するようにしているんだけどね。」と話してみると、「ドラッグストアとかで売っている白髪染めを使ってる?だとしたら化学薬品とかで頭皮も髪も傷むし、当然抜け毛も増えるよ。ハーブとか自然素材だけの物で染めるようにしたら?」とアドバイスしてくれました。

 そこで早速インターネットでいろいろ検索し、ヘナにたどり着きました。ヘナは植物で古代から染料やタトゥーにも使われていたもので、自然の素材です。これなら頭皮にも髪にも安心ですし、何より抜け毛が減るのならと、ヘナを使い始めました。

 まず、染めているときにも原材料が植物を粉状にしたものですので、染めているときにも「干草」のような香りで、今まで使用していた白髪染めの化学薬品のような臭いがしませんでした。そして、染めた後に髪を洗ってもきしむこともなく、その際の抜け毛もとても少なかったのです。

 それから毎月1回へナで白髪染めを始めたら、回を重ねるごとに髪がさらさらになり、艶まで出てきて、何より嬉しかったのが、あれほど悩んだ抜け毛が確実に減ったのです。アドバイスをくれた友人には本当に感謝してます。抜け毛が改善するまでには1年半ほどかかりましたが、お陰様で今では髪がすっかり元気になりました。

女 抜け毛